​農業体験

私たちは江戸時代より250年以上、見沼の地で農家を営んでいます。昔は「野田のさぎ山」と呼ばれ何万羽ものサギが営巣する自然豊かな場所でした。しかし私たちの生活環境の変化や当時流行であった除草剤使用によってサギたちの餌がなくなった結果、昭和47年にサギは姿を現さなくなってしまいました。その様子を目の当たりにしてきた私たちは、除草剤を使わず化学肥料を使わず、木々の恵みである落ち葉を集めて堆肥を使った有機栽培にこだわり、自然と共生しながら農家の暮らしを営み続けています。
こんな私たち農家の生活を知って欲しくて、1997年には「ファーム・インさぎ山」を立ち上げ、農業体験や農家暮らし体験の受け入れを行っています。かまどで炊いたご飯を食べたり、藁でしめ縄を作ったり、無農薬無化学肥料の野菜を育てたり、見沼の豊かな自然からのお裾分けに感謝をしながら生活する「農のある暮らし」をぜひ体験してください。